すべては与えられるもの

みんなどうしてますか。
わたしは元気です。

今日久しぶりに本を借りてきて読んでいる。
フィクションだの小説だのというジャンルを嫌うわたしが、今手にしているのは日記だ。
そう、アナイスの。

19歳から一生懸命読んだアナイスニンの日記だが、無削除版が2008年に日本語訳された。
実はあまり興味が持てなくてずっと放置していたが、とうとう好奇心に負けて読んでみることに。

巻頭に訳者が、この日本語訳の編集作業について書いている。
つまりは以前に翻訳されているアナイスニンの日記と重複している部分を削除しているという。

以前に翻訳されているこのアナイスニンの日記、
…これはわたしが非常に親しんだ作品なのだが…
こちらの編集は生前アナイス自身が編集作業を行ったものを土台にしており、
アナイスの内的な真実に、より忠実な作品として纏められている。
身も蓋もない言い方をすれば、アナイスの編集によって事実はどこかへ置き去りにされ、アナイスの内的な問題だけがスポイルされている。
これを読んでも、誰とどういう関係なのかは少しもわからない。

だがしかし、本当に必要なのはこういう内的な真実の部分なのであって、事実関係など二の次…わたしの価値観でいえば「どうでもいいこと」だ。

その事実関係とやらをみれば、それは大層スキャンダラスなんだろうし、
アナイスの周りの恋愛関係…あの作家とあの作家付き合ってたんだってよ。
という構造を追いかければ、ゴシップ誌が何十冊も出来そうな勢いだ。

だからって何?
人様の色恋など正直、知るか。
である。
自分のことだって、そういう側面でいえば大した興味も持てないというのに。

で、
「内的な真実の部分」は日本では翻訳済みで既出なのだから、そこは外しましょうという作業を行うと、
一体そこに何が残るのかということです。

言えるのは「アナイスニンの日記」よりもこの無削除版(笑)「インセスト」は事実関係がわかりやすい。
難解な言い回しや語彙もなくて、内的な比喩や事実とごちゃごちゃになりやすい夢の話もない。
実際、寝たなら寝たと書いてあるし。


だがしかし、
つまらん。


あの「アナイスニンの日記」を読んだ時のような、抉られるような迫りくるような…
そんなものは微塵もなく、
寝たの。あっそう。と冷めた視点で見てしまうんですよ。

アナイスのことが自分は知的だと思いあがっている平凡で多情で弱々しい女に見える瞬間が多々あって、まことにつまらんのです。


わたしはヘンリーを大した作家だと思えた瞬間がないんだけど、
でも彼の著作を読んでないからしょうがないのかもねと思っていた。
実際読もうとしたことは何度もあったんですよ。
でも、つまらないんだもん。
5ページ以上、我慢できないですよ。

こうしてみるとアナイスもけっこうつまらん女なのかも知れない。



話が飛ぶようだが、彼らに欠けている部分が今の私なら判る。
それは敬虔さだ。

より大きな敬虔さに沿うように、大きく強いイデアが与えられる。
それが人間の器であり、芸術家の器であり、預かるものの器なのだ。


19歳から何年間もの間わたしを内的に支えてくれた、良き理解者であった「アナイスニンの日記」だが、
これを読み終わる頃には、その神聖な役割の魔法は解け、
私の中でアナイスもただのひとになっているような寂しい予感がある…。
[PR]
by osorahahitotu | 2011-11-20 23:26 | ひとりごと
<< わたしのように恵まれるものはい... すべては与えられるもの >>