カテゴリ:未分類( 7 )

反転した世界から



わたしは30を過ぎたらきっと死ぬのだと思っていた。
苦しいのは今だけだ、じきに30になり、身も心もすっかり楽になると…
そう思っていた。
死が自分を救ってくれるのだと思っていた。

平凡で幼稚で逃避的な考え方だと、どこか醒めた調子で思っていたけれど、
それでも30を越えて生き続けている自分をどうしても想像することが出来なかった。

端から見れば悲観主義的ともとれるだろうし、死の予感に縋って生きているというのは実際、前向きとは言えないだろう。

しかし、どうだ。
今わたしはその予定の時を越えて、生きている。
そして、不思議なことにわたしを支え続けてきた明るい死の予感は、やはり本当だった。


30を数年越えたところでわたしは突然死に、生まれ、生き始めた。

なんという皮肉だろう。
死の予感は、実はわたしの闇、病、悲しみ、憎しみ、苦しみからの視点だった。

わたしはそこからようやく、生まれた。
わたしの人生はようやく、始まった。

病に憑りつかれていたわたしは、自分の人生を始めることさえ出来ていなかったというのに、
一体、それは迎え入れるべき祝福の死と生誕の物語だったのだ。

突然に私の中の闇は光に満ち、病は癒され、悲しみは贖われ、憎しみは葬られ、苦しみは消え去った。
[PR]
by osorahahitotu | 2011-11-21 23:53

わたしのように恵まれるものはいないだろう

わたしには、ひかりさんと、その分身かのような旦那がいる。

こんなに何もかもが揃っていても、いまだに迷ったり考え込んだりすることもあるんだから、
生きるっていうことはなかなかに大変なことだなぁとおもう。

でも、やっぱり随分と恵まれているということは確かなことで…
どのくらい恵まれているだろうかと考えると、それは恐らく世界一といってもいいんではないだろうかと思うのだ。

その裏付けは簡単に想像されうるオノロケや多幸感からくるものではないことを、白状しておきたいが、
きっと本当の裏付け事情を話したところで誰の理解も得られないであろうことは判っているつもりだ。

ので、割愛。


ひかりさんはわたしに相応しい状況を。
旦那はわたしに時間とそのほかの全てを与えてくれる。

休日に旦那と過ごしてみると、本当にそれが確認できる。


わたしたちが二人で居る時は、概ね「ひとり」と「ひとり」なのだが…
言葉少なに彼から話しかけてくるときは、きっとわたしに必要に違いない何かをもたらしてくれる時なのだ。


わたしは本当に無自覚で、自分に必要なものが気づけなかったりコントロールできなかったりする。

ある日はわたしに「孤独」が必要であり、
ある日はわたしに「涙」が必要であり、
ある日は「睡眠」、ある日は「時間」、ある日は「温もり」…


ちなみに今日の彼はこんな感じだった。
「さあ、もうこんな時間だね、たしか君は図書館に行くんじゃなかったのかな?
 必要な雑用を済ませたら、図書館で借りた本でも読みながらカフェでお茶を飲むのかな。」

そこでようやく愚鈍なわたしは気づくのだ。
図書館には読むべき本が待っていて、それをわたしは一人きりで読む必要がある。
つまり今日はそういう一日で、今日のわたしはそれでようやく満たされるのだと。
それはステキなことだなと。


また別の日にはこんなふうだった。
わたしはなぜか疲れ切っていて、しかもそれに気付けずおろおろしていた。

彼の独り言。
「さて、わたしは少し横になろうかな。ほんのちょっとの時間だけどね。」
言いながらも彼は枕を大きな音を立てて整えたりと、まるでこの世の楽園が凝縮されたかのようにベッドを演出し始め…。
甘美な唸り声を上げながら、そこへ私よりも一足お先に潜り込むのだ。

こんなことをされて、例えわたしが何かに憑りつかれていたとしてもそれを投げ出さずに居られるだろうか!

こんな具合で、まんまと必要な睡眠をとり終え、首ったけに没頭していたときよりも俯瞰で物事が見れる自分を獲得しているわけだ。


不思議なことが数多く起こるわたしの人生だが、「果たしてどうなっていくのだろうか?」と投げかけたところ、
「君は君として生き、君として死んでいくんだよ。それが全てでしょう。」と答えをもらった。


これ一つとってみても、やはりわたしの人生はわたしには出来すぎなんじゃないかと…
やはり不思議は深まるばかりなのである。
[PR]
by osorahahitotu | 2011-11-21 00:58

女の子たちの笑顔は太陽の欠片かもしれない

なんだか泣きたい気持ちで、うずうずしていたら、
シンディ・ローパーの「女の子は楽しみたいだけ」って、あのPVさ…かわいいよね。と聞こえてきた。


~~シンディ・ローパーはアメリカを代表する歌姫として、マドンナと長い間人気を二分し、実際よく比較される人だけれども、ずいぶんタイプが違うよな…。
正直なとこわたしはマドンナに親密感を抱いたことは一度もないのですが。~~

で、改めて観てみる。

この曲はシンディのめちゃめちゃ売れた素敵なデビュー曲。
「Girls Just Want To Have Fun」 と、

シンディのセカンドシングルTime After Time
これも、とてもたくさんの人がカヴァーしている名曲で、とてもただのPOPシンガーの曲ですねということでは収まらない素晴らしい曲。


このふたつの曲のPVは、まるで話が繋がっているようにテーマが一貫していて、
要するに女の子たちのささやかな自由みたいなものが表現されているんです。

会ったこともないけれど、シンディはとてもいいひと。
涙もろくて純粋で、ひとを心から信じられる…。

このひとのエピソードには暖かい話がいっぱいで、(詳しくはwikiをw)
売れなかった頃にお世話になった日本人女性を慕って、いつまでも極度に日本びいきだったり。
それで公式でも非公式でも何度も震災後の神戸を訪れていたり。

アルゼンチンの国際空港で、遅延や欠航が続き暴動が起きそうなほど騒然としているところ、いきなりマイクジャックして「Girls Just Want To Have Fun」を熱唱し場を沈めただの。

まぁ、本当にヒューマンLOVEに溢れ返っているんです。

シンディってどんな人だっけか…って曲を聴きつついろいろみてたら、案の定ふるふるし始めてたんだけども…


**************************************************

1995年、『ニュースステーション』に出演した際に、当時社会現象となっていた女子高生の「ルーズソックス」のニュースにコメントを求められ、


「あのソックスは格好いいし、いいじゃない?!」

とスタッフの思惑(←これについては事前にシンディに番組側からのオファーがあったと推測される)と正反対のことを言い出し、

「あの年頃の少女たちは、自分が何か特別の存在でありたいと願い、同時に一人で突出する勇気はまだない。そんな少女たちが社会においては特別な自分たちであるという主張としてのルーズソックスなのではないだろうか」
と続け、コメントの最後に

「でも誰が何と言おうとあのソックスは格好いい!」

と結んだ。

***************************************************

この記事でついに号泣してしまいました…。



うんとね。
フェミニズムとか女性解放とかさ、
そんな小難しいことを言いたいわけじゃないんだ。

ただ誰かの何かなわたしっていうんじゃなくて、
ふつうに自由に太陽を浴びたいだけ。

そういう女の子たちの…世界中にいる声なきシンディたちの声が聞こえてきたような気がしてね。

いくつになってもずっとわたしたち(自由な女の子たち)の味方なシンディって、本当に素敵だなって思ったのです。
ずっとこの人は貫いてきたんだよな…
自分が自分であるための小さくても純粋な思いを。



【恥ずかしながら拙訳してみました。世界中の女の子の笑顔が輝きますように】


『女の子は楽しみたいだけ』

わたしが朝の日差しを浴びながら、お家に帰ったら
いつものようにママが聞いてくる
いつになったらあなたはマトモになるのって…

あぁママ、私たちって不運なの
だから女の子たちは楽しみたい
あぁ女の子たちは楽しみたいだけなのに


深夜電話が鳴ると
パパがいつも怒鳴る
お前の人生どうするつもりだって…

あぁパパが今でも一番よ
だけど女の子たちは楽しみたいの
女の子たちは楽しみたい
それが望みの全部なの
ほんとうにちょっとだけ


日々の仕事に疲れたら
女の子たちは、ただ楽しみたい

いくらかの男の子たちは
きれいな女の子を連れてって
世界中から隠してしまうけれど

でもわたしはお日様の下を歩きたい
女の子たちは楽しみたい
あぁ女の子たちは楽しみたいだけなのに

それが望みの全部なの
ちょっと楽しみたいだけ
日々の仕事に疲れたら
女の子たちは楽しみたい
あぁ女の子たちは楽しみたいだけなのに

女の子たちは楽しみたい
あぁ女の子たちは楽しみたいだけなのに
日々の仕事に疲れたら
そう女の子たちはただ楽しみたいだけ

[PR]
by osorahahitotu | 2011-10-30 14:23

雑草食カタログ2

オオバコ

c0014076_2432540.jpg





ツユクサ

c0014076_2445066.jpg





アザミ

c0014076_246967.jpg





月見草(オオマツヨイグサ)

c0014076_249231.jpg



フキ

c0014076_2503851.jpg

[PR]
by osorahahitotu | 2007-05-15 02:52

雑草食カタログ

ハコベ
c0014076_2242945.jpg





ナズナ
c0014076_2263295.jpg





スベリヒユ
c0014076_229458.jpg

[PR]
by osorahahitotu | 2007-05-15 02:32

理不尽なこと


理不尽なことはいっぱいあります。

世の中ゴマンと。


でも、自分なりに精一杯筋を通せばあとは関係ないもんね。

世の中に転がってる理不尽なことのせいにしてたら、人生何にも出来ないじゃん?

その中でも筋通して生きてる人いっぱいいるよ。


四の五の言わずにがんばったらいいじゃん。

本気でがんばったら自然と理屈は通ってるよ。
そんなのあたりまえでしょ?
だって、そういうもんだもん。


自分は何にもせずに、こつこつ地道にゴミ拾ってる人の文句だけ言ってる立派な評論家気取りなんて、サイテイであるよ。

人のこと気にしてる暇があったら、自分ががんばれ。
[PR]
by osorahahitotu | 2007-04-25 00:47

いまというとき



世界中で様々な人々が生きている。

私たちが同じ宇宙で、世界で、地球で暮らし、人間として今を生きている以上
他人ごとなど、なにひとつない。


c0014076_15283010.jpg



http://www.special-warfare.net/data_base/101_war_data/war_top_01.html
[PR]
by osorahahitotu | 2007-03-12 15:30