カテゴリ:ぼんのう( 1 )

欲望の始まり

 欲望っていろいろあるけどすべての始まりは知的好奇心ってやつだと思う。
所有欲とか性欲とかそういうののずうっと前。
これがないとまず始まんないし、これさえあればなんとか前に進んじゃうってもんでもある。
その上こいつは七変化。どんなところにも顔を出してくる。

 ほら、哲学的な言い回しで「私の(あなたの)人生はまだはじまっていない(いなかった)」とかいうでしょう?
「よし。人生始まってないから間違えないようにせめて息をするだけにしてようか。ふとんの中で。」ってわけにもなかなかいかないし、高確率でほぼ間違えるだろうなと想定されてても手始めに間違えることからやっていくしかなかったりするわけじゃない?実際は。
 けどこの高さから飛び下りたら確実に骨折する。運良く死なないまでも。なんて状況のときに飛び降りれるおばかさんってなかなかいない。少なくとも私は嫌です。でもそういう計算でいくと妥当なところがひきこもりってことになるのよね。
 
 さあここで知的好奇心の出番です。
こいつって罪を犯したり失敗をしたりするときには必ず出てくる。この知的好奇心のおかげで「骨折するかどうかよりもとにかく飛んでみたいんです」という馬鹿げた感情が生まれてくる。
 村上春樹氏も「好奇心というのはまさに信用のおけない友だちのようなものさ。焚き付けるだけ焚き付けて君を置き去りにするかもしれないんだよ。」というふうなことをおっしゃってました。
 
 だいたいにおいて失敗にはこの知的好奇心ていうやつがくっついてる。
例えば『犯罪、人間関係、仕事、交際、結婚』
みんな失敗した人は「なんとなく」とか「せずにいられなかった」とか理屈に合わない釈然としないことを平気でいうが、説明出来ないっていうのも好奇心の特徴です。
 好奇心。こいつが出てきたら御用心。いつのまにかそのために人生を棒にふるような失敗をしでかすかもしれない。一時の過ちで。
  
 ということで保守的な人たちにはめっぽう嫌われる好奇心ですが、はたしてこいつが来たら必ず失敗なのかっていうとそうでもないところがあなどれない。

 恐ろしいことに「人生の始まり」っていうやつもこの好奇心と一緒じゃないとやってこないんだ。
例えば『善行、人間関係、仕事、交際、結婚』
みんな成功した人は「なんとなく」とか「せずにいられなかった」とか理屈に合わない釈然としないことを平気でいうでしょう?

 運命の恋も気紛れなアバンチュールも同じ顔してやってくる。
いったいどうやって見極めたらいいんでしょう?
しかも「せずにはいられない」くらいの強さでどちらも迫ってくるんだから。決断の時はきっと一瞬だっていうのに?私達の人生の大切な問題がそうやって決まっていくんだよ?


 答えはきっとありません。神のみぞ知るだわ。
失敗せずにいられるかっちゅうの。人間らしくもない。
いいんですよ。きっと。私達。しくじったって。
だって失敗するように出来てるよ。絶対。

 けどそうはいっても失敗はできるだけしたくないものですよね。生理的にヤなんだよね。
私達そういうふうにも出来てる。成功を渇望するように。失敗を恐れるように。

 
 せめて私達は過去の教訓に学び、心をこめて祈ることくらいしょうか。
過ちをどうか繰り返しませんように、どうかこの決断が私と世界にとって良きものをもたらしますように。

 それも大事なんだけど失敗飛行も含めて回数飛んでいきたいかなぁ。私としては。
何しろ知的好奇心は神様がくれた甘い蜜ですからね。
いくら失敗してもこのワクワクが私を楽園に連れてってくれるって思っちゃう。

 立派な大人たちには詭弁に聞こえてもやっぱり人生習うより慣れろだわ(笑)

 そうやって生物は進化してきたそうですよ。
案外基本に忠実なんだよね。私。

c0014076_2343435.jpg

[PR]
by osorahahitotu | 2005-02-26 23:53 | ぼんのう